スポンサードリンク
お知らせ
新しい教科書への完全対応とアクセス集中時の繋がりにくさの緩和を目的として、新しいバージョンのサイトを作っております。 新しいサイトは 「中学生のための社会科講座 知識の空間」 で現在移転の真っ最中です。 とりあえず、世界地理分野は、こちらのサイトより充実しましたので、世界地理分野を勉強するときは、こちらのサイトを使ってもらえれば、繋がりにくいといった不便はなくなるかと思います。

日本の農産物の収穫量02(2011年入試用)

日本の大豆小豆落花生収穫量割合
2011年の入試に使われやすい2009年の大豆小豆落花生収穫量のグラフです。
上位5県(都道府県)を円グラフにしました。
このグラフは2010年9月現在、農林水産省が公表している2009年(平成21年)のデータをもとにして作成したものです。

大豆(だいず)の収穫量
大豆の収穫量2009年

小豆(あずき)の収穫量
小豆の収穫量2009年

落花生(らっかせい)の収穫量
落花生の収穫量2009年

大事なこと
大豆に関しては、1位の北海道を必ず覚え、2位から5位の県は、各県の入試問題で使われることがあります。
小豆に関しては、北海道が圧倒的1位なので、これを必ず覚えること。
落花生は、1位と2位の千葉県と茨城県は必ず覚え、上位に関東地方の県が多いことに注意しましょう。

※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。その数値をもとに割合を出しているので、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。
ご注意ください。
また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入していますので、合計が100%にならない場合があります。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

訪問ありがとうございます

訪問者数が100万の大台に入りました

皆さん、このブログに訪問していただきありがとうございます。
このブログを初めてから、9月の23日で、訪問者数が100万の大台にのりました。(訪問者数と言っても実質はページビューなのですが)
当初は、ここまでの数字になるとは予想していませんでしたので、嬉しい限りであります。
これからも可能な限り、頑張って内容を充実させてゆきますので、よろしくお願い致します。

基本的に、コメントの返信などが苦手なので、応援していただいた方に返信などができてないことも多々ありますので、ここで改めてお礼させていただきます。

応援のメッセージや励ましのお言葉をありがとうございます。

追伸
問い合わせがありましたので、
リンクについてですが、当サイトはリンクフリーです。どのページにリンクしていただいても構いません。また、リンクに際しての通知も必要ございません。
ただし、内容が勉強という性質上、それに相応しくないサイトからのリンクについては、ご遠慮ください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の農産物の収穫量01(2011年入試用)

日本の収穫量割合
2011年の入試に使われやすい2009年の収穫量のグラフです。
都道府県別の収穫量は上位10県を、地方別の収穫量は上位7地方を円グラフにしたものです。
このグラフは2010年9月現在、農林水産省が公表している2009年(平成21年)のデータをもとにして作成したものです。

収穫量割合(都道府県別)
米の収穫量2009年都道府県別

の収穫量割合(地方別)
米の収穫量2009年地方別

大事なこと
グラフをよく見て、地域別か都道府県別かをしっかりと見極めることが大事です。
米の収穫量(地方別)のグラフ
地域別の収穫量では東北地方が1位で、全体の4分の1をしめること。
1位の東北地方がよく抜かれます。
米の収穫量(都道府県別)のグラフ
2009年の都道府県別の収穫量のグラフでは、新潟が1位、北海道が2位です。1位の新潟と2位の北海道は、出題される年度のグラフによって1位と2位の都道府県が入れ替わりますので気をつけてください。 また、過去問をするときにも注意しましょう。

※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。その数値をもとに割合を出しているので、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。
ご注意ください。
また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入していますので、合計が100%にならない場合があります。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

農産物の生産量02

世界の農産物生産量02
茶、コーヒー豆、カカオ豆の上位5位までの生産量割合のグラフです。
2011年の入試で使われると思われる2008年度の生産量のグラフです。

茶の生産量割合
茶の生産量グラフ2008年

コーヒー豆の生産量割合
コーヒー豆の生産量グラフ改2008年

カカオ豆の生産量割合
カカオ豆の生産量グラフ2008年


※注意
データのもととなる数値は、FAO(国連食糧農業機関)が運営するFAOSTAT(オンラインデータベース)から得ています。
このデータベースは、随時数値が更新されます。したがって、数値を得た日付が市販されている書籍とは異なっていますので、書籍で出版されている数値や順位とは多少異なります。
また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入していますので、合計が100%にならない場合があります。

参考1:データ取得は、2010年9月です。
参考2:FAOSTATのサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

農産物の生産量01

世界の農産物の生産量01
米、小麦、とうもろこし、大豆の上位5位(米は上位6位)までの生産量割合のグラフです。
2011年の入試で使われると思われる2008年度の生産量のグラフです。

米の生産量割合
米の生産量グラフ2008年

小麦の生産量割合
小麦の生産量グラフ2008年

とうもろこしの生産量割合
とうもろこしの生産量グラフ2008年

大豆の生産量割合
大豆の生産量グラフ2008年

※注意
データのもととなる数値は、FAO(国連食糧農業機関)が運営するFAOSTAT(オンラインデータベース)から得ています。
このデータベースは、随時数値が更新されます。したがって、数値を得た日付が市販されている書籍とは異なっていますので、書籍で出版されている数値や順位とは多少異なります。
また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入していますので、合計が100%にならない場合があります。

参考1:データ取得は、2010年9月です。
参考2:FAOSTATのサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
SNS・ブックマーク
グーグル
ヤフー Yahoo!ブックマークに登録
スポンサードリンク
ブログ村
資料請求無料
ここには無料で資料請求1や体験できる塾や教材販売会社を集めました。受験に向けて必要な方はクリックしてみてください。


インターネット学習塾「ショウインキッズ」からのご案内
無料体験学習でアンケートに答えるともれなく図書カードがゲットできます!

Z会の中学生コースからのご案内
中学コースの資料を請求された方に『中学からの正しい学習法』プレゼント!

高校受験の第一ゼミナールからのご案内
中学受験・高校受験の進学塾・学習塾 - 第一ゼミナール

第一ゼミのファロスは、大阪、兵庫、京都、奈良の地域限定ご案内


進研ゼミからのご案内
中学生の学習は<<進研ゼミのポケットチャレンジ>>におまかせ!学習ソフトも充実★持ち運べる電子教材★>>資料請求はこちら!
定期テストの予想問題集プレゼント


スタンダード家庭教師サービスからのご案内
スタンダード家庭教師なら、低料金・入会費0円! しかも、ピッタリの先生に出会えるまで何度でも無料体験可能!!

比較コムからのご案内 ここでは12社から家庭教師の一括資料請求できます。
比較.com《家庭教師資料一括資料請求》

ネットを使って勉強しよう
ここではネットを使って勉強できるところを集めました。




最近のコメント
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。