カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「知って得する知識 日本地理 農産物(2012年用) 」カテゴリ記事一覧

スポンサードリンク
お知らせ
新しい教科書への完全対応とアクセス集中時の繋がりにくさの緩和を目的として、新しいバージョンのサイトを作っております。 新しいサイトは 「中学生のための社会科講座 知識の空間」 で現在移転の真っ最中です。 とりあえず、世界地理分野は、こちらのサイトより充実しましたので、世界地理分野を勉強するときは、こちらのサイトを使ってもらえれば、繋がりにくいといった不便はなくなるかと思います。

日本の農産物のグラフ01(2012年度用)

米の収穫量割合のグラフ
2012年の入試に使われやすい2010年の米の収穫量の割合のグラフです。
都道府県別の米の収穫量は上位10県を円グラフにしています。
このグラフは2011年9月現在、農林水産省が公表している2010年(平成22年)のデータをもとにして作成したものです。

米の収穫量グラフ2011

収穫量割合のグラフは、よく見て、地域別か都道府県別かをしっかりと見極めることが大事です。
米の収穫量(地方別)のグラフでは、東北地方が1位で、全体の約4分の1をしめます。北海道が地域別と都道府県別の両方に出てきますので、間違えないようにしましょう。

米の収穫量(都道府県別)のグラフでは、2008年は、北海道が1位、2009年と2010年は、新潟が1位、というように、1位の新潟と2位の北海道は、出題される年度のグラフによって入れ替わりますので気をつけてください。
よく出題されるのは、1位もしくは2位の都道府県に関して穴埋めをおこなったり、その都道府県の内容を問う問題です。

※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入しており、その他のみ、100%から各都道府県の数値を引いた数値で計算しております。したがって、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。ご注意ください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の農産物のグラフ02(2012年度用)

小麦・大豆・小豆・落花生(らっかせい)の収穫量割合のグラフ
2012年の入試に使われやすい2010年の小麦と大豆(だいず)と小豆(あずき)と落花生(らっかせい)の収穫量割合のグラフです。小麦と大豆は上位から五つの都道府県をグラフにしています。また、小豆(あずき)はとらっかせいは、割合が多い都道府県のみをグラフにしています。
このグラフは2011年9月現在、農林水産省が公表している2010年(平成22年)のデータをもとにして作成したものです。

小麦・大豆・小豆・らっかせいの収穫量グラフ2011

小麦と大豆は一位の北海道をしっかり覚えましょう。ただし、小麦と大豆は生産する県が似ているので、注意が必要です。
小豆(あずき)は、北海道が圧倒的に一位だということを覚える。
落花生(らっかせい)は、上位を関東地方がほぼ占めていることと、合わせて一位の千葉県と二位の茨城県で全体の約90%をしめていることに注意しましょう。

参考
小豆の2位から5位
2位 兵庫 1.0%
3位 岩手 0.7%
4位 京都 0.5%
5位 滋賀 0.1%

らっかせいの収穫量調査は主産県調査であり、3年周期で全国調査を実施している。そのため3位以下のデータは発表されておりません。


※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入しており、その他のみ、100%から各都道府県の数値を引いた数値で計算しております。したがって、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。ご注意ください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の農産物のグラフ03(2012年度用)

工芸作物の収穫量割合のグラフ
2012年の入試に使われやすい2010年の茶とさとうきびとてんさいとい草の収穫量割合のグラフです。
このグラフは2011年9月現在、農林水産省が公表している2010年(平成22年)のデータをもとにして作成したものです。

茶・サトウキビ・い草・てんさいの収穫量グラフ2011

工芸作物とは、収穫したあと加工して商品として販売するためにつくられている作物のことです。
サトウキビとてんさいは砂糖に、
い草は畳表(たたみおもて)に
茶はお茶に

それぞれ加工します。

茶に関しては、1位静岡県と2位の鹿児島県がよく出題されます。また、よくおこなうひっかけ問題として京都が使われます。京都はお茶で有名ですが、収穫量では静岡県や鹿児島県が圧倒的なので注意しましょう。
また、静岡県の茶の主産地は牧ノ原鹿児島県の主産地はシラス台地です。共に水はけの良い丘陵地で茶の栽培に適しています。
砂糖に加工するサトウキビとてんさいは、南北に大きく別れます。北のてんさい、南のさとうきびです。また、てんさいは、砂糖を取り出した後、家畜の餌にもなりますので、飼料作物でもあります。
い草は、熊本県が圧倒的1位ですので、それを覚えましょう。主産地は八代平野です。い草は米の裏作に作っている所が多く、基本的にい草を作っているところは二毛作をおこなっています。

※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入しており、その他のみ、100%から各都道府県の数値を引いた数値で計算しております。したがって、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。ご注意ください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の農産物のグラフ04(2012年度用)

果実の収穫量割合のグラフ1
2012年の入試に使われやすい2010年のリンゴとミカンと桃とブドウの収穫量割合のグラフです。上位から五つの都道府県をグラフにしています。
このグラフは2011年9月現在、農林水産省が公表している2010年(平成22年)のデータをもとにして作成したものです。

果実の収穫量01グラフ2011

りんごは、1位の青森県と2位の長野県は必ず覚えること。
みかんは、出来れば、1位から4位までをしっかり覚えましょう。
りんごは涼しいところで栽培される果実で、上位に東北地方の都道府県が多く占めます。また、みかんは、温かい地方で栽培される果実で、さらに山の南西斜面が栽培に適しています。
※みかんは数年前までは、愛媛県が1位になっていましたが、ここ数年は和歌山県が1位です。過去問や古い問題集などを使うときは気をつけてください。
ぶどうとももは同じような気候条件のところで栽培されます。したがって、収穫される都道府県が似ていますので、ぶどう、桃ともに1位から3位までをきっちり覚えましょう。
※みかんとぶどうとももは2009年のグラフと上位5県が同じですが、りんごは5位が入れ替わっています。

※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入しており、その他のみ、100%から各都道府県の数値を引いた数値で計算しております。したがって、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。ご注意ください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本の農産物のグラフ05(2012年度用)

果実の収穫量割合のグラフ2
2012年の入試に使われやすい2010年の日本なしとおうとう(さくらんぼ)と柿と梅の収穫量割合のグラフです。上位から五つの都道府県をグラフにしています。(おうとうのみ上位3県)
このグラフは2011年9月現在、農林水産省が公表している2010年(平成22年)のデータをもとにして作成したものです。

果実の収穫量02グラフ2011

日本なしは、上位5県に関東地方が多いことに注意。特に1位の千葉県と2位の茨城県はしっかり覚えましょう。
※これまで、日本なしでは鳥取県が問題にされることや目安にされることが多かったのですが、ここ数年順位を落とし、2010年のグラフでは、上位5県から外れました。過去問をやるときには注意してください。
おうとう(さくらんぼ)は、山形県が圧倒的1位ですので、それを必ず覚えましょう。
柿(かき)と梅(うめ)は、和歌山県が共に1位です。
※みかんと共に果実のグラフでは、和歌山県の存在感が増していますので注意しましょう。

※注意
ここに掲載しているデータは、農林水産省が公表しているデータをもとにしています。
農林水産省の公表している数値は、農林水産省独自の形式で、数値が四捨五入されています。また、割合(%)は、小数第2位で四捨五入しており、その他のみ、100%から各都道府県の数値を引いた数値で計算しております。したがって、書籍で出版されている数値とは多少異なることがあります。ご注意ください。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
SNS・ブックマーク
グーグル
ヤフー Yahoo!ブックマークに登録
スポンサードリンク
ブログ村
資料請求無料
ここには無料で資料請求1や体験できる塾や教材販売会社を集めました。受験に向けて必要な方はクリックしてみてください。


インターネット学習塾「ショウインキッズ」からのご案内
無料体験学習でアンケートに答えるともれなく図書カードがゲットできます!

Z会の中学生コースからのご案内
中学コースの資料を請求された方に『中学からの正しい学習法』プレゼント!

高校受験の第一ゼミナールからのご案内
中学受験・高校受験の進学塾・学習塾 - 第一ゼミナール

第一ゼミのファロスは、大阪、兵庫、京都、奈良の地域限定ご案内


進研ゼミからのご案内
中学生の学習は<<進研ゼミのポケットチャレンジ>>におまかせ!学習ソフトも充実★持ち運べる電子教材★>>資料請求はこちら!
定期テストの予想問題集プレゼント


スタンダード家庭教師サービスからのご案内
スタンダード家庭教師なら、低料金・入会費0円! しかも、ピッタリの先生に出会えるまで何度でも無料体験可能!!

比較コムからのご案内 ここでは12社から家庭教師の一括資料請求できます。
比較.com《家庭教師資料一括資料請求》

ネットを使って勉強しよう
ここではネットを使って勉強できるところを集めました。




最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。